お金を用意してから不動産投資をしよう

>

必ず資金をチェックしておこう

最低でも準備しておきたい資金

資金を用意する時は、まず物件の価格を見てください。
最低でも、その1割は自分で用意しなければいけません。
1000万円の物件を購入するのであれば、100万円という計算になります。
これは簡単な計算なので、誰でもすぐにできるでしょう。
100万円と聞くと、かなり高額に聞こえると思います。

ですが仕事をしている人なら、毎月コツコツと貯金を重ねていればすぐに100万円ぐらいは貯まります。
早く不動産投資をしたいと考えていても、焦らないでください。
焦っていると資金が足りなくなったり、不動産投資に向いている物件を購入できなくなります。
間違った判断をする可能性が高いので、ゆっくり物件を探してください。
慎重に特徴を知れば、間違えません。

融資を受けるためにお金を用意する

不動産投資を始める時に、足りない分のお金を金融機関から借りようと考えている人がいます。
それでも構いませんが、手持ちのお金があまりにも少ないと信頼性が低くなります。
返済が滞りそうだと判断されたら、金融機関からお金を借りられないと覚えておきましょう。
金融機関からお金を借りるためには、購入する予定の物件の1割から2割のお金をすでに用意しておく必要があります。

1000万円の物件を購入する時は、100万円から200万円の準備をしてください。
このお金を、先ほど算出した自己資金に追加します。
つまり、300万円ほどの自己資金を用意しておかなければいけない計算になります。
購入する物件によって金額が変わるので、必ず自分で計算しましょう。


この記事をシェアする