椎間板ヘルニアはただの腰痛ではない〜しっかりと治療を〜

医者

メニエール病の治療

看護師

近年、若い女性たちの間で回転性を伴うめまいや難聴、嘔吐といったメニエール病と言われる症状が見られるようになってきました。メニエール病の大きな原因は内耳のリンパが膨大になることによって、水ぶくれが起きてしまう症状です。これが発生する原因は、疲労やストレス、睡眠不足などといったものだと言われていますがはっきりとした理由が分かっていないため、難病だとも言われています。メニエールの厳密な基準判断が存在しています。それによって、メニエール病からくるめまいや難聴なのかを判断します。めまいや難聴が1回起きただけでは判断できません。反復して初めてメニエール病として判断できるのです。メニエール病は、先も述べたように繰り返して初めてメニエール病と診断されます。そのため、メニエール病が初めて発作を起こした時は直ぐに診断をすることは難しいと言えます。突発性難聴や中核性疾患などは症状が類似しているため、判断がしにくいと言われています。

メニエール病は、難病と言われているだけあり治療も容易ではありません。そのため、治療を行なう通院もとても長い期間通うことになるでしょう。しっかりと治療を取り組むために信頼できる医者をみつけなんでも相談できる関係を作っておくことがメニエール病治療の第一歩です。メニエール病の治療には、薬物療法と手術が一般的です。薬を使った治療は、基本的に「予防」のための治療です。酷いめまいや嘔吐を抑えるための薬やビタミン剤などでリンパ水腫を改善する目的があります。手術では、リンパ内にたまった水を抜き取る手術や前庭神経術によりめまいの解消を行なう治療法があります。