椎間板ヘルニアはただの腰痛ではない〜しっかりと治療を〜

医者

ヘルニアを摘出する

病棟

線維輪と髄核で作られた、椎間板は人の背骨を繋ぎクッションの役割を果たす大切な存在です。ですが、線維輪が破れてしまい、髄核が漏れだしてしまうことが稀に起きてしまいます。その髄核が、背骨を通る神経を圧迫することで腰にさすような痛みを与え、足に痺れを生じることがあるのです。軽い症状の椎間板ヘルニアであれば、保存療法という治療法で回復する見込みはありますがひどくなってしまうと手術によってヘルニアを取り除く必要があります。椎間板ヘルニア手術は、いくつかの方法で現在は行なわれています。全身麻酔を使い、ヘルニアを摘出する方法、内視鏡で確認しながらレーザーによってヘルニアを除去する方法、椎間板に空洞を作って髄核を押し戻す方法があります。やはり、ヘルニア手術となるとそれなりの技術が必要になってきます。特に、内視鏡や椎間板に空洞をつくる方法は医者の技術力が必要になってきます。

ヘルニア手術という方法を取る場合、どのみち身体にメスを入れることに変わりはありません。ならば、名医によって手術を行ってもらいたいものです。今、インターネットならば簡単にヘルニア手術の名医を見つけることが簡単になっています。名医であれば、手術の件数など数をこなしている人たちばかりです。内視鏡や椎間板に空洞をつくる技術は一歩間違えばレーザーで神経を痛めてしまいます。最悪な状況を想定すると、下半身麻痺が残ってしまう可能性も少くありません。そのため、名医と言われる人たちのもとで手術を行なって安心して治療に専念できるようにしたいものです。