椎間板ヘルニアはただの腰痛ではない〜しっかりと治療を〜

医者

眩暈や耳鳴りを感じたら

女性

メニエール病は眩暈や耳鳴りの症状があらわれます。原因としては抱えているストレスや、乱れた生活習慣などが考えられるところです。薬による治療を行いながら、原因の把握、そしてそれらの改善をおこなう事が大切です。

読んでみよう

メニエール病の治療

看護師

ストレスなどによって引き起こされたメニエール病は、難病と言われています。そのため、明確な治療法は確立していません。ですが、症状を抑え良くするための治療法は多くあります。

読んでみよう

椎間板ヘルニアの治療

腰痛

腰の痛みを患った人も、多いことでしょう。人は、二足歩行する生き物である以上腰に負担を掛けています。軽い腰痛から、慢性的な腰痛まで悩まされている人も多いことでしょう。しかし、その腰痛の中にも椎間板が原因で痛みを発症してしまう椎間板ヘルニアという病気の症状があります。椎間板ヘルニアの症状が起きる場所としては、首や腰、下肢に症状が挙げられます。足にまで症状がでるのが、椎間板ヘルニアの特徴です。椎間板というのは、線維輪と髄核というものからできています。線維輪に挟まれるように髄核が存在しています。そして、この椎間板というのは、背骨の骨と骨を繋ぎクッションの役目を果たしているのです。しかし、何らかの原意によって線維輪が壊れてしまい、中に入っている髄核が飛び出すことによって背骨をとっている神経を圧迫して痛みや痺れといった症状を引き起こして今います。

椎間板ヘルニアの治療法は、大きく分けて二つの種類に分かれます。1つは、手術治療です。手術の方法にもいくつかの種類にわかれています。全身麻酔を使ってヘルニアを摘出する従来の方法のラブ法、MED法といわれる細い管を椎間板の中に入れて内視鏡で確認しながらレーザー照射による椎間板を除去する方法が今までは一般的でした。ヘルニアの最新鋭の治療法として今PLDD法と言われる新しいレーザー治療が多くの病院で行なわれています。椎間板に小さな針をさし、レーザーで空洞を作ることで椎間板の圧迫を抑えることが可能になってきた新しい治療法です。また、自然治癒で椎間板を正常の位置に戻す方法として、保存治療という方法もあります。保存治療では、安静というのを大前提に、牽引や理学療法、シップなどを使って身体の治癒力に働きかけて治していくものです。しかし、個人差があるため3ヶ月立って効果が無い場合は手術の検討をした方がいいとされています。

ヘルニアを摘出する

病棟

椎間板ヘルニア手術をしてもらうなら、名医に切ってもらいたいという人も多いことでしょう。神経と隣り合わせの病気になるため、一歩間違うと大変危険な手術です。特に、レーザーを使った手術は医師の技術が問われます。

読んでみよう